豆のレシピ集

小豆の風味が最高♪       ★★★★★

田舎しるこ

小豆を洗って煮るだけで、 簡単にできます。 甘さはお好みに合わせて 調節してください。

材料 (4人分)

  • 小豆 :300g(2合)
  • 砂糖 :240〜270g(小豆の8〜9割)  
  • 塩:少々 
  • じゃがいも、かぼちゃ:適量
  • 片栗粉:適量

作り方

  • 小豆はよく洗って、約5倍の水と鍋に入れ、あくをとりながら弱火で煮ます。約1時間。
    ふきこぼれに注意。 できるだけ弱火にすること。
  • 豆が柔らかくなったら砂糖と塩を加えます。
    水分がたりないときは、少し水を足してください。
  • じゃがいも、かぼちゃは柔らかくなるまで蒸し熱いうちに皮をむいてつぶし、片栗粉を加え団子状に丸めます。
    すりこぎなどでしっかりつぶすと ねばりがよく出ます。
  • (2)に(3)を入れて加熱し、団子が透き通って浮かんできたらできあがり。
    あまり煮すぎると、団子が溶けてしまいます。

フードコーディネーターからのひとこと

「汁粉(しるこ)」というのは、豆を煮た汁物を総称する言葉だそうです。
関西地方では小豆の粒を残したものを「善哉(ぜんざい)」とも呼んでいます。

冬至のときには、かぼちゃ団子でつくった「かぼちゃしるこ」を食べます。
また、1月15日の小正月にも、小豆粥の代わりにこの甘いおしるこを食べることもあります。

こしあんやつぶあんを薄めて作る場合もありますが、北海道では小豆からそのまま水分を多めに煮ます。
渋抜きをせず、煮汁をそのまま飲むので健康によいですよ!
ほんとうに簡単ですので、豆料理をしたことのないという人もぜひ挑戦してください!

!注意!
当レシピは、森田農場産の豆を使用した場合のものです。
他産地の豆を使用して料理する場合、分量や時間などが変わることがありますので、ご留意下さい。

当レシピや写真の無断転載はお断りいたします。

お問い合せ
(株)A-netファーム十勝 インターネット事業所
〒089-0374 北海道上川郡清水町御影東4条3丁目15番地
電話・FAX:0156-63-2789 E-meil : morita@azukilife.com 平日12:00〜20:00(土日・祝日はお休み)